GTFS・バスデータ整備実習を開催しました。ご参加ありがとうございました。

  • 内容:PCを持参していただき、無償のGTFSデータ作成ツール(見える化共通入力フォーマット)を使用してデータ作成を学びます。
  • 対象:市町村の公共交通、コミュニティバス担当者。10路線程度の小規模バス事業者のダイヤ担当者。(申し込み先着30名)
  • 日時:令和4年8月31日(水)10:00~17:00
  • 会場:ちよだプラットフォームスクウェア(東京都神田錦町3丁目)
  • 費用:3万円
  • 詳細、申込はこちらをご覧ください。

日本バス情報協会の設立

  • バス事業に関する情報の整備・流通・利活用を推進することにより、バス事業の質の向上及び効率化、バス利用者の利便性の向上、まちづくりその他の各分野と連携したバスの発展等を図ることを目的として、一般社団法人日本バス情報協会を設立しました。→詳細

協会の活動成果

  • 日本バス情報協会では、GTFSデータ、公共交通オープンデータの普及に向けて議論と活動をしてきました。GTFS-JPの改訂(第3版)、GTFSデータ作成ツールの提供、GTFS仕様の改訂への参画、GTFSの普及や公共交通の発展発展のためのPR活動、国土交通データプラットフォームへのGTFSデータの取り込みなどに貢献しています。→詳細

PAGE TOP
MENU